なぜ今ソーラー発電?

ソーラー発電が進められる訳

ソーラー発電は手間いらず

ソーラー発電が、日中発電し、夜は一般と同じ電力となるのはお判り頂けたでしょうか? ソーラー発電が余った電力を電力会社へ分け与え売る事を「売電」といいます。 また、通常みなさんがお使いになる電力を「買電」といいます。

ここで皆さんが疑問に思うところがあります。

「余った電力を与えたり、夜普通に戻るなんて、手間がかかるんじゃない?」 ソーラー発電は通常、発電・売電の仕組みがセットで販売されています。 また、北海道にお住まいの方であれば、ほくでんさんと契約すれば、 売電・買電の切り替えは機械が自動で行ってくれますので、 お客様は何もする必要がありません。

ソーラーは耐久が抜群

ソーラー発電を設置しても、すぐに壊れるようなものであれば、お金が掛かりすぎて使い物になりません。 当社取り扱いの京セラさんではメーカー保証が10年あります。 また、自然災害である、台風・雷にも保証が付いてます。(2009年現在) 通常の家電製品などでは考えられませんが、長期に渡り稼動し続けなければ安心して購入できません。

全国各地での差がほとんどありません

ソーラー発電を設置しても、北海道のような雪国は発電量が少ないでしょうか?答えは「No」です。 北は北で、南は南で日照時間が天候により左右され、年間発電ではほとんど差がありません。 平均した発電量は年間ほぼ4000kWh前後になります。(3.91kW発電設備の場合) 不測の天候悪化などによるものが発電に影響があるといえます。北海道でも安心して設置できます。

発電装置では周辺環境への影響がありません

発電装置はいろいろありますが、中でもソーラー発電は周辺に影響を与えません。 いくら設置をしたくても、周辺の住民の方へご迷惑をお掛けするような発電は設置できません。 ソーラー発電は、発電中でも無音です。 また、排気などもありません。環境に対しても、周辺に対しても、安心して設置できる発電装置です。 また、屋根への設置で場所もとりません。